糖尿病食の宅配にかかる費用を押さえておこう

お椀を持つ人

糖尿病食の種類について

糖尿病食の宅配の種類はカロリーで区別していたり、腎臓病との合併症に合わせていたりと種類も豊富です。腎臓病との合併食の場合はタンパク質や塩分、カリウムなどに気を配ったたメニューとなりますが、糖尿病単独の場合は普段の食事に近く、油や炭水化物が少なめのメニューとなっています。ダイエットを目的としたものや、お年寄り向けの食べやすいものなど種類も豊富です。

弁当

糖尿病食宅配弁当の料金について

糖尿病食の宅配弁当の料金は業者によって差がありますが、概ね一色750円~1080円前後が一般的となっています。栄養管理がしっかりしているうえに手間ヒマをかけて「美味しいお弁当」を作っているので、少々高いというのが現実です。しかし中には500円台に抑えている業者もあります。もちろん費用だけでなく、安全面や衛生面についても信頼できる業者を探して宅配を依頼しましょう。

和食

インターネット注文の流れ

インターネットで糖尿病食の宅配を依頼する場合は、まず業者選びから始めます。選ぶときはメニューや価格、口コミなども考慮して選んでください。業者を見つけたらユーザー登録をして注文をします。注文日や手数料などを取られる場合があるので注意してください。支払方法はクレジットカードや代引き、コンビニ決済などもあるので確認しておきましょう。

糖尿病の人におすすめのレシピ

弁当

豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグは宅配サービスを行っている業者の糖尿病食でも人気のレシピです。鶏ひき肉と長ネギと生姜に水を切った豆腐を合わせてよく混ぜて焼きます。付け合わせに温野菜を添えるとボリュームにも申し分ありません。

サバのごまみそ焼き

青魚は業者の糖尿病食でもよく使われています。ごまみその風味をつけてそのまま美味しく食べることができます。付け合わせは青菜のお浸しが人気です。

青豆の炊き込みご飯

炊き込みご飯は米を減らし、具材を多くして満足感が得られる食事のため、業者の糖尿病食でも人気の一品です。青エンドウや枝豆、ソラマメなどをごはんと一緒に炊き込みます。